日本・タヒチ友好協会は石川県多文化共生フェスタに出店しました。

 去る10月12日(日)は秋の行楽及び、各地での秋のイベントで盛んな一日となりました。

この日は、石川県の恒例行事『多文化フェスタ』に【日本・タヒチ友好協会】は参加させていただきました。

 毎年ですが、今回もタヒチの輸出産物第一位である『ノ二』とそのフルーツジュース『ノニジュース』を多くの県民・市民方々に宣伝活動をしました。

 自然とその自然を通してノニが届ける健康の情報をお伝えする喜びにスタッフがどんどんテンションが上がり、来場者の盛り上げもいただきながら、会場の中でも一際注目されていました。

 これからもこの活動を通して石川県が健康で住良い県として有名になって欲しいと願います。なぜなら、2015年の4月の新幹線が開通すると同時に首都圏から多くの移住者が増えて、石川県の景気の底上げ、教育や福祉の充実を促進したいと思っているからです。